11/24【少し早めのクリスマス会 ~音楽を心の栄養に~】のご報告

2023年11月24日(金)に、
「少し早めのクリスマス会 ~音楽を心の栄養に~」と題したイベントを行いました。
クリスマス小物_5のコピー2_blog
晴れたと思ったら時々雨がぱらつく寒い日でしたが、沢山の方にご参加頂きました。
ありがとうございました😊


講師は「音楽療法士」の中澤あすか様。

「音楽療法士って知っていますか? 出会ったことありますか?」
という問いかけから始まりました。

私は、なんとなく分かったつもりでいましたが、詳しくは知りませんでした。
音楽療法士とは、音楽の専門家であると共に、医療、福祉、教育の専門職でもあるそうです。

歌や楽器を演奏する、音楽を聴く、音楽に合わせて身体を動かすといった活動を通じて、
聴覚、視覚、触覚などを刺激することで、気持ちを様々に変化させることが出来るということです。
少し早めのクリスマス会2
また、認知、運動機能の維持、改善に働きかけたり、コミュニケーションを引き出したりする効果もあるそうです。

(子どもや、障害者の発達支援、学習支援、高齢者の介護予防、リラクゼーション、病気、けがした人のリハビリ、など様々な目的で実施されているということです。)

今回の「少し早めのクリスマス会~音楽を心の栄養に~」の目的のように、
皆さんも「音楽に関わることで、気持ちが穏やかになったり、元気になったりする経験」があると思います。

音楽療法士さんのいる場所で、様々な目的で意図を持って実施されることでこそ、本来の目的が達成されると教えて頂きました。


持参して頂いた初めて見る楽器、「トーンチャイム」の優しい音色。

それと、皆さんお祭りで似たものを見かけた事があるかと思いますが、「スライドホイッスル」のおどけたような音色。
少し早めのクリスマス会1
各自が手に持たせてもらい、にぎやかに音を確かめ、楽しみました。

それから、参加者同士がアイコンタクトをして次々と1音1音をつないでいきました。

その場限りの音楽が出来上がっていく面白さ。

初対面の方同士でもアイコンタクトでつながれる嬉しさ。

ことばで伝えることも大切ですが、言葉がなくてもつながれることを再確認でき、
不思議な暖かさを感じることが出来たひとときでした。
少し早めのクリスマス会3
最後に先生のキーボード伴奏にあわせ皆さんで大合奏。
しっかりと心の栄養になりました。

中澤先生、参加者の皆さま、どうもありがとうございました😊